お客様のサイトのアドレス(url)を掲載する基本的な場所を確認します。


お客様のサイトのアドレスを知らせるための基本的なステップを考えられていない場合でも、驚かないでください

お客様のWebアドレスを、公的な書類全てに掲載することはお客様のプロフェッショナルなプレゼンテーションの重要な部分です。商品を販売する際に強制しすぎるのは賢明な方法ではないこともありますが、理解と表現の両方の面で話ができる、お客様のWebサイトを人々にチェックしてもらうには有効です。1ページに1つの回答があるWebサイトは、それぞれの人が探している物に対して最も適したページをすばやく見つけることができるため、あらゆる種類の閲覧者に有効です。

 お客様のアドレスを、以下のものに記入しましょう

  • 名刺
  • 書類(請求書、インボイスなど)
  • パンフレット
  • eメールに署名として
  • 社用車
  • バンパーのシール?
  • 宣伝アイテム
  • 永久に残るタトゥーは避けましょう。5年後にネットがどうなってるかわかりませんから。


お客様のサイトのアドレス(url)のスペリングには気をつけましょう。


選んだ名前だけでなく、例えば一文字抜けていたり、ダッシュがなかったり。

使っている形式にしましょう。


お客様のSimpleDifferentのドメイン名は"http://" から始まり "http://www"ではありません。


http://ドメイン名.simdif.com

は以下とは 違います。

http://www.ドメイン名.simdif.com


お客様がすでに独自ドメイン名を持っている場合、それはおそらく

http://www.ドメイン名.com

の形式でしょう。

ドメイン名の選び方と独自ドメイン名を持つことの有効性については